福島市 紙の卸から小売りまで 紙のプロフェッショナル 半澤紙店

半澤紙店
会社概要 サイトマップ プライバシーポリシー リンク リンク
ホーム 紙のこと 商品ご案内 紙ノシゴト 一般のお客様へ アクセス


「まごころ」の尊さ

トップバッターが「なんとか出塁?」どころか3塁打を放ったので
2番バッターはバントしてでも1点を挙げなければ大変だぜぇ?。
でも個人的にはサッカーファンなので気楽に行こう・・・

さて、町なかの松木町から卸団地に移転しても
「個人だけど売ってくれっかい?」
ってわざわざ訪れて来てくれる人が結構いて、
相談にお答え出来たりすると、「いやー助かった」とか「ありがとね」って言って貰えるんだ。
そんな時は、「ああ?少しはこの町の誰かの役にたってるんだ」と思い
やっぱ嬉しいっす!
そこで、中村天風先生の1日1話から

        「まごごろ」の尊さ
ちょっと一杯のお茶を出すのでも、「ハイ」と返事をするような些細な行為でも、
そのとき、何の報償をも念頭に置かず、すなわちその人に気に入られようとか、
あるいは、好感を持たせようとかいうような気持でなく、そこに一点何の求むるものなき、
純一無雑な「心」で、それが行われるとき、その行為から、形容できない暖かいものを感じる。
それはすなわち「まごころ」というものももつ尊さの感応である。


    中村天風先生

スタッフが「まごころ」込めて対応致します。

追伸
混雑してたり電話中だったりのときは、どうぞ椅子に掛けて待っててね!
(何故か友達口調?)

K.A

2012年07月17日(火)

背景の画像は、実際の洋紙を使用しております。